2018/10/04

特別講演会

「ユーロぺリオで発表された歯周病ガイドラインの見直しの報告」に参加して

藤枝由里子

現在、私たちが指標としてきた歯周病の分類がユーロぺリオ9にて新たなガイドラインが発表され、今回のDHサミットにて、いち早く村上先生によりその内容を詳しくレクチャーして頂くことができました。

今回の新分類に至るまでを過去の分類からの流れでわかりやすく説明して頂けました。

今までは年齢で分類したり、慢性と侵襲性で分類してきたものをステージとグレードに分類されることになるというものでしたが、BOPや細菌叢については触れられておらず、引き続き今後の動向に注目していきたいと思います。

常に変化し続ける患者さんの生活環境や個々の健康状態だったり、私たち術者側でも...

2018/10/04

ユーロペリオの歯周病ガイドラインの見直しを含む歯周病学セミナーを受講して

おくだデンタルクリニック

歯科衛生士2年目 丸山朝子

今回の勉強会は、ユーロペリオ9で発表されたあらたな歯周病の分類について大阪大学の村上伸也教授に解説して頂いた。また、歯周病の病態とリスク因子の再考、歯周病治療の意味等の講義とディスカッションもあり、普段自分が行っているSRPの意味を再確認することができた。

 初めてDHサミット主催のセミナーに参加したが、今まで参加した勉強会と比べて登壇者との距離が近く、些細なことも質問しやすい雰囲気であった。また、歯科衛生士歴に関係なく、参加者の仕事に対する熱意などもひしひしと感じとれる勉強会であった。

 歯周病のあらたな分類の解説...

2018/10/04

DHサミットに参加して

歯科衛生士 東山香織

DHサミット参加は、今回で2回目です。

今回は、「ユーロペリオで発表された 歯周病ガイドラインの見直しの報告」と興味深いタイトルと、もう一度村上伸也先生のお話を聞きたく、参加しました。

これまでの歯周病分類の歴史からお話しして下さり、復習も兼ねて先生の例えなど解りやすくとても面白かったです。

今回の歯周病のガイドラインについては、これまでなかった修飾因子として糖尿病、喫煙が分類に入っているようです。

評価についてはステ-ジの分類、グレ-ド分類と分かれているようでした。

今回はその場で疑問に思うことは質問をしても良いとの事で、参加者の質問により解りやすく感じることもありました。

そして捉え方についても、と...

2018/09/10

第19回DH Summitが2018/09/09が半蔵門にて開催された。

50数名の参加があり、前回に引き続き大阪大学の村上伸也先生を招聘し、6月に催されたEuroPerio9で発表された歯周病の新分類を中心にご講演いただいた。

新分類は1999年から約20年ぶりの発表となったが、それ以前の分類発表から今回の分類までの歴史を交えてのレクチャーをしていただけたので、いままでのつながりもわかり参加者も頭の中を整理できたようである。

また、今回の分類にはいったタバコや糖尿病などの修飾因子についても再度詳しくご説明をいただいた。その他にも歯周基本治療のレクチャーをしていただく中で、参加者からも質問が多くあり、活発な意見交換がなされた。

2018/02/19

2月18日(日)に一橋会館(神保町)にて第18回DHサミットが盛況の元開催されました。今回のDHサミットでは、大阪大学の歯周病科教授の村上伸也先生に登壇頂き1日歯周病の基礎から再生治療についてご講演頂きました。

歯周疾患とはどの様な病気で、また歯科医療へ従事する者が行うべき治療や予防とはどの様なことか?このような治療哲学的な事についても丁寧に説明して頂きました。全身疾患と歯周病についても、今現在国際基準となっている治療の考え方も深く分かり易く説明して頂き、参加者が真剣に受講されていたのがとても印象的でした。

インターネットが発達し浅く広く情報を得ることが可能になり、臨床におけるテクニックや論文も容易に得る事が可能となった昨今ですが、世界...

2017/07/27

7月23日(日)に(株)USEN(北青山)にて第17回DHサミットが開催されました。

午前中4人の会員による症例報告では、歯周基本治療から摂食嚥下と幅広い内容が発表され、熱のこもった意見交換で盛り上がりました。

午後の柏井伸子先生による特別講演では、普段使用しているキュレットやプローブ等の細かい使用方法をはじめ、滅菌処理等の管理まで話が及びました。柏井先生の今までの海外での活動や研修についてもお話しされ、これからの歯科衛生士が進む方向について、参加者へMessageを送ることが出来ました。

歯科衛生士の世界は未開の地でもあり、奥が深く、これから益々発展・充実していく可能性を感じ、期待も膨らみました。

次回は、今春発売され、保険治療にも適応さ...

2017/07/06

DHサミットのホームページが完成しました。

セミナーの申し込みや活動報告、学会情報などなど配信させて頂きます!

気づいたことがありましたら、ご一報ください。

これからもよろしくお願いいたします。

Click !!

2017/07/01

 6月24日(土)・25日(日)の2日間にわたり臨床歯周病学会(JACP)年次大会が大阪国際会議場で開催されました。2000名を超える歯科医師・歯科衛生士が全国から集まり熱気に包まれ盛況となりました。DHサミットのメンバーも多く参加され、刺激をたくさん受けたと思います。

初日はDHサミットでも講演頂いた天野先生や、来年のDHサミットでも講演頂く村上が登壇され、1000名を超える聴衆の中、歯周病の最新情報や再生治療での歯周基本治療の重要性など、歯科衛生士にとても刺激になり、また大切なメッセージを受け取れたのではと思います。
次回は来年の七夕に広島で開催されます。是非是非参加される事をおすすめします。

2016/07/16

16回目を迎えた今回は、歯科衛生士に大人気の大阪大学大学院歯学研究科・予防歯科学

分野教授の天野敦雄先生を講師にお招きいたしました。一日たっぷり最新の病因論に基づい

た歯周治療のあり方をみなさんとお勉強しました!

「これはなぜなんだろう?」「どういうことなんだろう?」という歯科衛生士臨床の疑問を天野先生にお尋ねし、歯周病に対する理解をより深めました。

2014/03/01

今年もみなさんとともに一緒に考え、学び、刺激し合うサミットにしていきたいと願っております。

歯周治療の基本は炎症のコントロールですが、それと同時に力のコントロールも重要な要素です。しかし、歯科衛生士にとって“力を見る”ことは難しいと悩んでいる方は多いと思います。

どうしたらプロービングデプスによって失われた付着を推測し、力の受け止め先の歯根膜状態を想像することが出来るのか? 今回、直接見たり触ったりすることのできない歯根膜を動揺測定とデンタルX線を読むことで観察していくことを、火曜会でご著名な千葉英史先生にご教授して頂く事が叶いました!

Please reload

Recent Posts

Please reload

© Copyright 2023 by DH summit

Contact Us